木の表情・木目について

木の「木目」を表す言葉は実に豊富です。
「はっきり目が出ている」「目が揃っている」「重厚感・存在感がある」「温かみがある」「目が詰まっている」「「スッキリしている」「力強い」「優しい」などなど。
たとえ同じ丸太を製材しても、場所によって様々な木目や表情が出てきます。これは自然の材料であることの個性であり大きな魅力ですね。

広葉樹には導管という、水が通る管(針葉樹は仮導管と言います)があります。
広葉樹の「木の表情」や「木目」は、この導管の並び方によって大きく変化があったり、特徴が出たりします。広葉樹の導管の並び方には種類があり、大きくは環孔材と散孔材の2つに分かれます。(※この他に樫や楢などは放射孔材として分類する場合もあります。)

環孔材

環孔材とは、年輪に沿って導管が環状に並んでいるものを言います。環孔材の導管は太いため、木口と呼ばれる木の横断面から見ると年輪がハッキリと分かります。
特に一枚板では、きれいな年輪や個性的な年輪の「木目」が表れます。またザラザラとは言いませんが、目を閉じて触っても年輪のわずかな凸凹を感じることが出来ます。
ケヤキ、クリ、タモ、セン、キハダなどが環孔材の代表的な材です。

環孔材ケヤキ

ケヤキ

環孔材クリ

クリ

環孔材タモ

タモ

環孔材セン

セン

散孔材

散孔材は、導管が全体に満遍なく散らばっていて、一つ一つの導管がとても細いため、年輪はやや不明瞭になることが多くありますが、年輪の「木目」があまり表れない代わりに、「杢」と呼ばれる豊かな木の表情が表れることがります。また導管が細いため、きれいに磨いて仕上げると、手触りは凸凹感がなくスベスベになります。

トチ、ミズメ、サクラ、クルミ、クスなどが散孔材の代表的な材です。

散孔材トチ

トチ

散孔材サクラ

サクラ

散孔材ミズメ

ミズメ

散孔材クルミ

クルミ

一枚板の形について

国産の広葉樹から生まれる「一枚板」は、何百年もの長い歳月を生きてきた大樹から生まれます。
広葉樹は、杉や檜などの針葉樹のようにまっすぐ育つものではなく、その生きてきた歳月の重みがそのまま樹形や木の表情に表れているような気がします。
まさしく大地から生み出された「自然の造形美」であると感じます。
私たちの作る「一枚板の家具」は、その自然の造形美を生かして、ダイニングテーブルや座卓、リビングテーブルやローテーブル、書斎デスクやカウンターデスク、テレビボードなど、いろいろな家具に生まれ変わって出来上がるのです。

ダイニングテーブルに適した形は、やっぱり素直なタイプ

テーブルの形 ダイニング向き1

テーブルの形 ダイニング向き2

テーブルの形 ダイニング向き3

テーブルの形 ダイニング向き4

座卓やリビングテーブルには、ちょっと遊び心を

テーブルの形 リビング向き1

テーブルの形 リビング向き2

テーブルの形 リビング向3

テーブルの形 リビング向き4

カウンターやデスク、テレビボードには、少し細めのもの。

テーブルの形 カウンター向き1

テーブルの形 カウンター向き2

テーブルの形 カウンター向き3

テーブルの形 カウンター向き4