樹種について

銘木と呼ばれる一枚板には、トラ杢や玉杢と呼ばれる珍しい模様が見られる事があり、目の飛び出るほど高額なものもありますが、そのような銘木ではなくても一枚板のそれぞれの木目や色目、形状や表情は同じものがない世界に一つのオンリーワンのものなんです。
私たちは、節や割れがある普通の一枚板の中にも、何百年と生きてきた大地から生まれた自然の造形美を見出したいと思っています。そして普段の日常生活の中で一枚板のテーブルを使っていただきたいと思います。

またお客様からよく「一番固い木はなんですか?」というご質問を受けることがあります。
もちろん木にも固い、柔らかいがあり、一般的に広葉樹は固く、針葉樹は柔らかいといった性質の違いがありますが、一応無垢の木である限りは、多少の程度の差はあれどんな木でも傷は付いてしまうことがあります。しかしその中でも、やはり安心して使っていただけるのは広葉樹ではないでしょうか。
そして多くの広葉樹の一枚板の中から、まずは激減すると言われている希少価値の高い国産材の一枚板をおススメし、ご覧いただいております。

オススメの国産材

一枚板 栃


散孔材。国内で育つ大きくなる木の代表的な樹種と言えます。散孔材の特徴である絹糸のような光沢が表れ、とても滑らかな手触りに仕上がります。波模様の美しい「杢」が現れることでも知られ、「白栃」とも呼ばれる真っ白な木もありますが、赤太との色のコンビもとてもきれいです。

一枚板 欅


環孔材。国産材で最も有名な木ですね。神社仏閣など古くから建築材としても使われてきましたが、家具としては一枚板の中で代表格になっています。とても固く重い材で、環孔材としての美しい木目が更に重厚感を醸し出しています。赤っぽい色目や黄色っぽい色目も特徴的です。

一枚板 栗


環孔材。水分や湿気に強く、堅くて腐りにくい性質のため、昔はよく枕木に使われていました。年輪がとても明瞭で、経年変化により淡黄色から色が濃く変わります。縄文時代の遺跡からは栗の木柱が発見されているんです。今ではとても珍しく、大きな一枚板は希少価値が高いです。


散孔材。楠の木を削ると独特の香りがたちます。昔は防虫剤(樟脳)や鎮痛剤として重宝されていました。美しい独特の木目や保存性の高さから家具や社寺建築にも多く使われています。ケヤキほどの硬質感がないので、優しく素朴な雰囲気は一枚板としても人気が高いです。

一枚板 山桜

山桜
散孔材。日本人は「サクラ」という響きに郷愁の思いを持っているようですね。特に一枚板のような大きな山桜はほとんどないので、非常に希少価値が高く、家具材としても仕上りの美しさから高級材として扱われています。経年変化で淡い薄桃色から濃く深みのある飴色に変化します。

一枚板 水目桜

水目桜
散孔材。「サクラ」という名前が付いていますが、カバノキ科の木なんですよ。マカバやカエデよりも割れにくく、加工性に優れています。天板として非常に人気が高いのですが、ただ生産量が非常に少なく、市場にほとんど出回っていません。特に表面の仕上がり感がきれいんです。

一枚板 栓


環孔材。鋭い棘が多いことから「針桐(ハリギリ)」とも呼ばれ、日本全土に広く分布しています。木の肌が白く、特徴のある個性的な木目がとてもきれいです。昔は木目がケヤキとよく似ていることからその代用とされることもあったのですが、広葉樹の中では少し軽めの木ですね。

一枚板 胡桃

胡桃
散孔材。「沢胡桃」と「鬼胡桃」がありますが、家具に使われるのは「鬼胡桃」です。広葉樹の中では軽く、少し柔らかい木なので、その淡い茶褐色の表情はとても優しい雰囲気を醸し出しています。大きくな一枚板はほとんどなく、やはり希少価値の高い材として取り扱われています。

一枚板 タモ

タモ
環孔材。野球のバット材としても有名ですが、こちらは「アオダモ」という種類で、家具などに使われているのは「ヤチダモ」です。国内では北海道産のものが多く、はっきりとした力強い年輪が特徴で魅力的ですが、比較的まっすぐ育つ木なので、一枚板としては素直な木が多いです。

板屋楓
散孔材。板屋楓の表情には惹かれますね。あの独特の個性的な杢は、鳥眼杢・縮み杢・虎斑・蟹杢など様々な表情や呼び方があり、ギターのネックやバイオリンの裏板などにも良く使われています。天板の表面は光りの加減で表情が変化して、見る者をとても楽しませてくれます。

国外産ならウォールナットとチェリー

一枚板 ウォールナット①一枚板 ウォールナット②

ウォールナット
散孔材。日本にこのような黒っぽい木が無いことと、高級感を醸し出すことで人気の高い木です。チーク・マホガニーと共に世界三大銘木と言われ、古くから高級家具材や建具・楽器など様々な用途に使われてきています。北米が主な産地で、大きな一枚板となると最高級の木材の一つと言えます。

一枚板 チェリー①一枚板 チェリー②

チェリー
散孔材。ウォールナットと並んで高級材として人気がありますね。北米が主な原産地で、経年変化が早く、明るい淡い薄桃色から長年使い込むほどに、濃く深みのある飴色風の茶色に変化していきます。その独特の美しさに加えて、加工性も非常に良く、表面の仕上がりもとてもきれいです。

飛騨の木のテーブル

『Hida Woods Hida Products』
飛騨の山で育った広葉樹で、飛騨の家具職人が作る「オール・イン・飛騨」で制作する家具。それが私たちのもう一つのコンセプトです。
飛騨の家具と言えども外国産の木材が使われることが多い中、私たちは飛騨の山で育った広葉樹の丸太から一枚板を製材し、その一枚板を2~4枚ハギ合わせてテーブルを製作しています。量産メーカーのランダムにハギ合された均一的な天板とはまったく違い、一枚板の木目や色目、表情や存在感をそのまま生かした天板に仕上がっています。
ぜひこちらもご覧ください。

はぎ天板 山桜①はぎ天板 山桜②

山桜
散孔材。日本人は「サクラ」という響きに郷愁の思いを持っているようですね。特に一枚板のような大きな山桜はほとんどないので、非常に希少価値が高く、家具材としても仕上りの美しさから高級材として扱われています。経年変化で淡い薄桃色から濃く深みのある飴色に変化します。

はぎ天板 栗①はぎ天板 栗②


環孔材。水分や湿気に強く、堅くて腐りにくい性質のため、昔はよく枕木に使われていました。年輪がとても明瞭で、経年変化により淡黄色から色が濃く変わります。縄文時代の遺跡からは栗の木柱が発見されているんです。今ではとても珍しく、大きな一枚板は希少価値が高いです。

はぎ天板 水目桜①はぎ天板 水目桜②

水目桜
散孔材。「サクラ」という名前が付いていますが、カバノキ科の木なんですよ。マカバやカエデよりも割れにくく、加工性に優れています。天板として非常に人気が高いのですが、ただ生産量が非常に少なく、市場にほとんど出回っていません。特に表面の仕上がり感がきれいんです。

はぎ天板 胡桃①はぎ天板 胡桃②

胡桃
散孔材。「沢胡桃」と「鬼胡桃」がありますが、家具に使われるのは「鬼胡桃」です。広葉樹の中では軽く、少し柔らかい木なので、その淡い茶褐色の表情はとても優しい雰囲気を醸し出しています。大きくな一枚板はほとんどなく、やはり希少価値の高い材として取り扱われています。

はぎ天板 栃①はぎ天板 栃②


散孔材。国内で育つ大きくなる木の代表的な樹種と言えます。散孔材の特徴である絹糸のような光沢が表れ、とても滑らかな手触りに仕上がります。波模様の美しい「杢」が現れることでも知られ、「白栃」とも呼ばれる真っ白な木もありますが、赤太との色のコンビもとてもきれいです。