一枚板テーブル-キハダ w1900

一枚板テーブル-キハダ w1900

¥380,000 (税別)

サイズ 幅/ 約1900mm 奥行/ 約670mm-870mm 厚み/ 約50mm
材種 黄膚(キハダ)
置脚 販売価格は一枚板テーブルと置脚を含むセット価格です。
在庫 一点物なので、現品を撮影した写真になります。
形状 耳付き/ 樹皮の質感を生かした側の加工 一枚板/ 圧着など一切していない一枚の木材で出来たテーブル
塗装 植物性オイル仕上げ
用途 ダイニング・リビング・応接間・客間・カフェ・エントランスロビー
何人掛け 6人~8人
備考

※表示価格に送料は含まれておりません。

説明

木目と形状について



「漢方薬」として有名なキハダですが、家具としても人気の木です。
名の通りの黄みがかった色目と、環孔材の特徴でもあるクッキリした木目が、いかにも「木」らしい天板です。
この板は心材の色が濃く、キハダの中でも重厚感ある一枚と言えましょう。



色の濃さが存在感を放つキハダのテーブル

絹のような光沢を帯びた立体的な模様は「杢(もく)」と呼ばれ、杢が現れることによって、木の表情が各段に奥深くなります。
この板も、木目に垂直に走る杢によって、水面のようなゆらぎを与えています。
褐色の味わい深さが、濃淡のゆらぎでより立体感を出しています。



「耳」と呼ばれる木の表面の凹凸を生かした両サイドは、一枚板の最大の魅力です。
年月を経てこその力強さが感じられるフォルムは、一つとして同じものはありません。
これは、木の皮を丁寧に剥がし丹念に磨くことによって実現した、自然木ならではの天然の曲線。野性味あふれる質感を残しながら、すべすべした手触りがたまりません。

細かい凹凸を残した耳は、「生き物」としての木を感じさせます。天板のなめらかな平面と、耳のエンボスとの質感の対比も楽しめる一枚です。

和の空間にもマッチするキハダ一枚板



年輪がくっきり出るキハダは、和のテイストにもよく合います。畳の部屋に座卓として置いても、濃い色目がワンポイントになりそうです。
クセの少ないフォルムはシンプルな部屋にもしっくり馴染み、安心感があります。



置脚について

置脚 下から 置脚 横正面
置脚 横斜め 置脚 座卓

セットされる置脚は、ブナ材で高さ700mmを標準としております。 ※ご希望により、サイズ・樹種とも対応いたします。その際、別途お見積りをさせて頂きます。 一枚板の重量を支えるため、頑丈な作りになっています。 3本の柱を繋ぐT字の部分は、小物を置くこともできます。 右下の画像のように置き方を変えると座卓の高さに調整も可能なので、 ざまざまな居室シーンに合わせられます。 [/fusion_builder_column]

一枚板 座卓 置脚

高さ700mmの置き脚を使った場合の座卓使用例 (違う天板を載せております)

この一枚板テーブルにオススメの椅子

【Hida×Windsor(ヒダウィンザー)02】

<サイズ> W450 D420 H820 SH420 <樹 種> 座面・笠木 :山桜・水目・栗・胡桃 脚  ・  背 :橅 <価 格> 44,000円 (税込47,520円)

 

[/fusion_builder_row][/fusion_builder_container]