私たちはオイル仕上げをおススメします。

日本の山で育っている広葉樹のほとんどが希少な木で数にも限りがあります。
これからは山に広葉樹の木を植えることも大切になってきますが、私たちは『家具になってからの無垢の木も育てていきたい』と
考えています。私たちはお客様に笑顔になっていただき、無垢の家具を一生使っていただくために、ご家庭でも簡単にメンテナンスができる
天然植物系のオイル仕上げをススメしています。無垢の家具は、年月を重ねることで、ますます美しく輝きを増していきます。
しっかりと次の世代まで受け継がれる無垢の家具を、私たちと一緒に育てていただきたいと思います。

ウレタン塗装のメリット・デメリットは?

メリット

一般的に言われているオイル塗装のメリット

  1. 表面に塗膜を張るので汚れやしみが付着しにくい。
  2. 定期的なメンテナンスが必要ない。(逆に言えば、塗膜が剥れてもメンテナンスで元に戻すことができない)

デメリット

一般的に言われているウレタン塗装のデメリット

  1. ピカピカした質感は、一枚板の自然の風合いを損なっています。
  2. 長年の使い込んだ良さが出てこない。
  3. 化学物質を含みますので、健康志向の方にはお勧めできません。(多少ですが有害な揮発性物質が発散される場合もあります)
  4. 年月が経って古くなると表面の塗膜が剥れることがあります。

オイル塗装のメリット・デメリットは?

メリット

一般的に言われているオイル塗装のメリット

  1. 木の呼吸を損なわないので、一枚板は呼吸をして生き続けています。
  2. 天然の植物系の油が主成分で、有害な揮発性物質も発散しません。(お子様がなめても大丈夫です)
  3. 磨き込むほどに味が出て、一枚板本来の色艶が出ます。
  4. 長年使っていただいても、時間が経つほどに味が出てきます。

デメリット

一般的に言われているオイル塗装のデメリット

  1. 木の表面の塗料の塗膜を作らないので、水シミや汚れが付きやすいです。
  2. 鉄(酸化鉄)と反応して黒く変色します。(濡れた缶詰の缶、スプレー缶、鉄の鍋等は気をつける必要があります)
  3. 定期的なメンテナンスが必要になります。(逆に言えば、簡単なメンテナンスで綺麗な一枚板に戻ります)

無垢の家具のお手入れで、こんな悩みはありませんか。

  • 近くの家具屋さんから、ウレタン塗装の方がお手入れがいらないので楽だと言われましたが・・・
  • やっぱりオイル仕上げってシミが付きますか?  すぐに付いちゃうのかなぁ・・・
  • オイル仕上げの無垢の家具って、まったくの素人の私にも簡単にメンテナンスできるの?
  • メンテナンスでシミなどが目立たなくなると聞きましたが、どのくらいの頻度でやる必要があるのだろう・・・
  • お手入れ方法など製造元に聞いても、しっかりアフターフォローをしてもらえない・・・
  • そもそも無垢の家具、天然木の家具は一生使えるって言うけど、ほんとに飽きずに使っていけるの?
    などなど

一枚板・無垢の家具を一生使うために

お客様みなさんも感じれいるのではないでしょうか。
私たちの家族にとっても、一枚板や無垢の家具自体にとっても、ウレタンなどの化学塗料で固めるよりも、
天然植物系のオイル塗装で仕上げた方が、とっても優しくって気持ちがいいってことを!!

ほとんどの家具製造業者や家具小売店が、なぜウレタン塗装で仕上げるのか?

  1. 今までの量産家具に慣れてしまった今の時代の私たち。

    「シミが付くことは商品としていかがなものか?」と感じてしまう。

    クレームの元になる。
  2. 一般の家具製造業者は、流れ作業での生産のため、製造者と販売者が別々になっている。

    お買い上げのお客様へも運送便で送って、それでおしまい。

    できるだけシミなどのクレームの対応はしたくない。

    オイル仕上げの方が良いと分かっていても、ウレタン塗装で固めてしまう。
    (一時的なクレームを回避するために)

オイル仕上げのシミは、まったくデメリットではない!!

  1. オイル仕上げの最高のメリットは、「長い年月を使い込んだ良さ・風合い」がで出ること。

    そのためには、キズやシミなどの使い込んだ跡は不可欠な大切な要素。

    もちろん新品のままでは、使い込んだ良さはでない。

    無垢の家具の経年美化を目指して一生使うためには、キズやシミはメリット(お宝)になる。
  2. そのためには、定期的なメンテナンスが必要!!

    ほとんどの家具製造業者は、お客様に販売してそれでおしまい。

    ほとんどの家具小売店は、メンテナンスキットを売るだけ。

    ほとんどのお客様は、大切な無垢の家具のメンテナンスをまったくしたことがない。

    オイル仕上げの最高のメリットである「使い込んだ良さ・風合い」を出す経年美化を享受していない。

無垢の家具のメンテナンスを見てもらう・体験してもらう

私たちはお客様に笑顔になっていただき、無垢の家具を一生使っていただくために、天然植物系のオイル仕上げをおススメしています。
そしてオイル仕上げの欠点と言われているシミやキズを、使い込んだ良さ・風合いに変えるためのメンテナンス作業を、
私たち職人がお電話やメールで直接お伝えし、あるいはお部屋まで足を運んで、ご家族の方にも体験していただくという活動をしております。
本来無垢の家具は、5年・10年と年月が経つにつれて、ますます美しく輝きを増していきます。
家具のお届け後も、私たちの仕事は続きます。

テーブルをサンドペーパーで磨く

オイル仕上げの場合、水分と反応してまず白っぽいシミが付きます。このシミをメンテナンスで風合いに変えていきます。

テーブルにオイル仕上げを半分塗った状態

400~600番くらいの木工用サンドペーパーで強く磨いていきます。この時「木の木目」に沿って磨くのがポイントです。

オイルを塗り直した一枚板テーブル

手前半分だけオイルを塗ってみました。シミが見えますか?お届けした時より、更に深みのある風合いに仕上がりました。

  1. ほとんど目立たなくなったシミ、見事に消えたボールペンの跡、あえて残した子供が付けたキズ、
    すべてが思い出の詰まった大切なお宝です。

    何百年という歴史を生きてきた一枚板や無垢の木で作る家具は、
    化学塗料のウレタンなどで固めることなく、天然植物系のオイル塗料で仕上げることをおススメします。

    私たちと一緒にメンテナンスを施していただきながら、長く一生使い込んでいただくことで、
    次の世代まで受け継がれる無垢の家具を育てていって頂きたいと思います。

家族が笑顔になる家具をご覧ください。

私たちの作る家具 商品カテゴリ―別のこだわりや特徴、種類をご紹介します。

一枚板 トチ・ケヤキ・サクラなどの「杢」のきれいな一枚板。

無垢テーブル 栗・山桜・樺など3枚の一枚板から作る無垢のテーブル。

木の机 リビング学習に適した木の机をご案内します。

飛騨の椅子 飛騨の匠の伝統と技術を生かした無垢の椅子。

木の小物 オリジナルのギフト・引き出物もお作りします。

お届け例/お客様の声

ミズメ桜の2枚ハギ天板。

ミズメ桜の一枚板を2枚ハギ合せて制作した天板です。実はこのように木目や色目、風合いが似た一枚板を2枚揃えるのは難しいのです。水目桜って、ほんと水がキラキラ光りながら流れているような・・・・

一枚板の「お試しセッティング」!!

実は家の施工の途中に「ウォールナット一枚板」を持ち込んで、「お試しセッティング」をやったのです!!
「一枚板のピッタリのサイズが分からない」というお客様のために・・・

お届け例の一覧へ >

メンテナンス例/お客様の声

トチ一枚板の小さな割れを。

K様はもともと高山の出身だったので、やはり飛騨の家具を使いたいと思っていらっしゃったようです。
新しくオープンしたばかりのお店にお越しいただき、トチの一枚板をご購入頂きました。

クルミの椅子のメンテナンス

ケヤキの一枚板テーブルのメンテナンスに伺いました。「杢」が全面に広がるきれいなケヤキですね!!
クルミ椅子を一緒にご購入いただいていましたが、この日は、一緒にお手入れしました。

メンテナンス例の一覧へ >

飛騨コレクション くらしの制作所

飛騨コレクション 職人が無垢テーブルにオイル塗装

飛騨コレクション スタッフ

無垢の家具の経年美化を目指す

私たちの飛騨の家具は、壊れることなく一生使える家具ということだけではなく、一生愛着を持ち続けてもらえるように、無垢の家具の経年美化を目指すことのできる「オイル仕上げ」をおススメしています。私たちがお手伝いをしますので、ぜひ一緒に「無垢の家具」を育てていきましょう!!

私たちのお店

〒506-0055 岐阜県高山市上岡本町3-362

OPEN:10:00~17:00  休み:火曜日・水曜日
オリジナル家具から飛騨のクラフト・小物まで!!

お店へのアクセス

お問い合わせ電話番号 0120-690-315 受付時間 10:00~17:00

お客様のご要望

まずメールでお聞かせくだい

ご興味がある家具、ちょっと心配な点、お取り扱い
方法やメンテナンスなど、何でもお気軽にどうぞ!!

何でもお問合せフォーム

News&Topics

飛騨コレ公式ブログ新着情報・商品情報家具のお届け例工房・制作だより飛騨のこと・日々のこと

イベント・企画展 楽しい催しがいっぱい!コラム・掲載 ヒダコレ語録や広告記事

無垢の家具 ものしり手帖

飛騨コレ通信 FaceBook

飛騨コレチャンネル youtbe