飛騨の木のテーブル 3枚の一枚板から作るオンリーワンの無垢テーブル

私たちが作る飛騨の木のテーブル

私たちの作るテーブルは、飛騨の森で育った無垢の木で作っています。
飛騨の家具と言えども外国産の木材が使われることが多い中、飛騨産の木材で、飛騨の家具職人が作る、
オール・イン・飛騨で制作するテーブルは、お客様に格別の満足感と愛着を持っていただいております。
また一生使い続けていただけるようなアフターフォローも心掛けています。

山桜・水目桜・胡桃など

日本人は「桜」へ特別な思いを馳せます。日本人独特の感性に合う山桜や水目桜などの飛騨の無垢のテーブルをご覧ください。

栗・黄肌など

木目がはっきり表れる環孔材を代表する木々たち。「なによりも美しい木目が好き」という方にオススメしている飛騨の無垢の木です。

栃・板屋楓など

珍しい散孔材の広葉樹。栃や楓の磨きあげたスベスベした絹肌の手触りは、自然木の存在感と共に優しさも楽しめます。

あなたのご要望の無垢テーブル、私たちが作ります

地元の山で育った木で、地元の職人が家具を作る、昔は当たり前だったことがなかなか出来なくなってきています。
その珍しい「飛騨の木」は希少価値が高い木でもあるのですが、私たちは単純にこの「美しい木」を見ていただきたい、お客様に触れていただきたいという気持ちでいます。
私たちが大好きな飛騨の森で育った、美しい山桜や栗、胡桃などの「飛騨の木」でつくる無垢のテーブル。
私たち飛騨の家具職人が、お客様の声に耳を傾け、直接お客様にお届けしたいと思います。

飛騨の木の家具を制作した職人たち

飛騨の森には珍しい木がいっぱい

山桜(ヤマザクラ)

山桜(ヤマザクラ)

赤褐色の色目で木目に緑色の縞が不規則ながら現れる特徴があります。硬くて重いのですが肌目はとても精密な印象があります。

ミズ楢(ミズナラ)

ミズ楢(ミズナラ)

大きな道管が環状に並んでいるため、年輪がはっきりとしています。放射組織が幅広く、特に柾目面では帯状の模様(とらふ)がはっきりと表れます。

鬼胡桃(オニグルミ)

鬼胡桃(オニグルミ)

赤太と白太の境界がはっきりとしています。道管の直径が大きくで肌目は粗めです。木材の狂いが少なく、表面の仕上り感もとても良好です。

黄肌(キハダ)

黄肌(キハダ)

緑色をおびた黄褐色の心材と辺材の色の差ははっきりとしています。環孔材ですので年輪ははっきりと見え、道管が大きく肌目は粗くなっています。

栗(クリ)

栗(クリ)

クリの道管は大きく、そのため肌目も粗いのですが、保存性は極めて高く水湿に耐えます。とても重硬な木材と言え、建物の土台に用いられています。

水目桜(ミズメザクラ)

水目桜(ミズメザクラ)

赤みの濃い紅褐色の心材と黄白色の辺材の色の差がハッキリとしています。硬くて重い木質で、木理は通直で肌目はとてもきれいな光沢のある仕上がります。

樺(カバ)

樺(カバ)

年輪がはっきりしないが、材質はかなり均質といえます。重くて硬い木材で、独特のきれいな光沢が出て、仕上がり面がとてもきれいです。

栃(トチ)

栃(トチ)

肌目はとても細かくきれいで、仕上げた面には絹のような光沢があります。独特の木理の乱れが表れることがあり、色々な美しい「杢」を持ったものがあります。

3枚の一枚板から作る無垢のテーブル

飛騨の家具は有名ですが、大手メーカーの家具のほとんどは海外からの輸入材で作られています。
大量に輸入された木材料は、細長い長方形の規格サイズに製材された同じ形・サイズのものになります。
その規格サイズの木材料を7~8枚ランダムにハギ合わせてテーブル天板を作っているので、
「ランダム貼り」のテーブルとも呼ばれています。

飛騨の木のテーブル 無垢テーブルに触れる

飛騨の山で育った珍しい木

飛騨は日本一の家具の産地と言われているにもかかわらず、木材料は輸入材に頼っているのが現実です。
しかし、飛騨の山には家具に使える広葉樹の木が少なからず育っています。私たちはその規格外の広葉樹の丸太も1本1本丁寧に選別して、家具作りに活用していこうと考えています。

木材

丸太から製材

丸太から製材した一枚板

飛騨の山から切り出してきた数少ない広葉樹。山桜や栗、胡桃、水目桜などとても珍しい木がほとんどです。
実は、その一本の丸太からテーブルに使える幅広の一枚板は数枚しか取れません。その貴重な「飛騨の木」を無駄を出すことなく無垢の家具や木の小物を作ることを目標にしています。

3枚の一枚板をハギ合わせる

私たちの無垢のテーブルは「ランダム貼り」ではありません。
丸太から製材した「耳付きの一枚板」を3枚ハギ合わせることで、耳付き材の赤太と白太の色の美しさ、一枚板の板目と柾目のきめ細かい表情、自然木の存在感や包容力を感じることができます。

一枚板のハギ合わせ

木を生かす 杢目の美しいテーブル

木を生かした美しいテーブル

自然木を生かした無垢のテーブルは美しく、使い込んでいくと経年変化で更に味わい・深みが出てきます。
テーブルという単なる道具ではなく、家族の一員のような愛着が湧く「飛騨の木のテーブル」は、次の世代まで受け継いでもらえるような家具でありたいと思っております。

飛騨の木の美しいテーブルを観る

飛騨の家具職人が伝える無垢家具を選ぶ時のポイント!!

無垢家具の選び方・お問い合わせ方法

無垢テーブルの脚をお選びください

私たちの無垢のテーブルは、愛着を持って長く使っていただきたいと思っています。
生活スタイルの変化や子供の成長など、お客様の暮らしに寄り添っていき、また次の世代に受け継がれるようなテーブルが目標です。
2つのタイプのオリジナルの脚をご用意していますが、お客様のご要望に応じてオーダーメイドで制作することもできます。
まずは、「お問い合わせフォーム」から何でもお気軽にお問合せください。

ハコ脚(ダイニング・座卓 兼用脚)

ハコ脚(ダイニング・座卓 兼用脚)

日々の暮らしの場面に応じて、JCB金具で固定されている上下の脚を分けることで座卓としてもお使いいただけます。

ホタテ3枚脚

ホタテ3枚脚

無垢天板を生かすスタイリッシュなデザインが人気で、椅子の出入りにも膝が当たらない使い勝手のいい脚です。

まずは、何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

お届け例/お客様の声

ミズメ桜の2枚ハギ天板。

ミズメ桜の一枚板を2枚ハギ合せて制作した天板です。実はこのように木目や色目、風合いが似た一枚板を2枚揃えるのは難しいのです。水目桜って、ほんと水がキラキラ光りながら流れているような・・・・

一枚板の「お試しセッティング」!!

実は家の施工の途中に「ウォールナット一枚板」を持ち込んで、「お試しセッティング」をやったのです!!
「一枚板のピッタリのサイズが分からない」というお客様のために・・・

お届け例の一覧へ >

メンテナンス例/お客様の声

トチ一枚板の小さな割れを。

K様はもともと高山の出身だったので、やはり飛騨の家具を使いたいと思っていらっしゃったようです。
新しくオープンしたばかりのお店にお越しいただき、トチの一枚板をご購入頂きました。

クルミの椅子のメンテナンス

ケヤキの一枚板テーブルのメンテナンスに伺いました。「杢」が全面に広がるきれいなケヤキですね!!
クルミ椅子を一緒にご購入いただいていましたが、この日は、一緒にお手入れしました。

メンテナンス例の一覧へ >

飛騨コレクション くらしの制作所

飛騨コレクション 店舗 内観

飛騨コレクション スタッフ

私たちの自信作「飛騨の木のテーブル」は、決して他では見ることができないテーブルです!!

飛騨の山から切り出された珍しい広葉樹を、丸太から製材して耳付きの無垢材を作り、天然乾燥・人工乾燥を経た安心の木材に仕上げ、自然木の色の美しさや木目の表情を生かしながら、コツコツ作ってきた無垢のテーブルです。

私たちのお店

〒506-0055 岐阜県高山市上岡本町3-362

OPEN:10:00~17:00  休み:火曜日・水曜日
オリジナル家具から飛騨のクラフト・小物まで!!

お店へのアクセス

お問い合わせ電話番号 0120-690-315 受付時間 10:00~17:00

お客様のご要望

まずメールでお聞かせくだい

ご興味がある家具、ちょっと心配な点、お取り扱い
方法やメンテナンスなど、何でもお気軽にどうぞ!!

何でもお問合せフォーム

News&Topics

飛騨コレ公式ブログ新着情報・商品情報家具のお届け例工房・制作だより飛騨のこと・日々のこと

イベント・企画展 楽しい催しがいっぱい!コラム・掲載 ヒダコレ語録や広告記事

無垢の家具 ものしり手帖

飛騨コレ通信 FaceBook

飛騨コレチャンネル youtbe