ヒダコレの家具

いろいろなテーブル

ヒダコレのつくるテーブルは

ヒダコレのつくるテーブルは

私たちの作るテーブルは、ヒダコレのオリジナルテーブルではありません。
お客様のご要望やお好みをお聞きしてつくる「お客様オリジナルのテーブル」です。

3mの大きなテーブルがほしい。
収納付きのテーブルがあるといいな。
カウンターで食事がしたい。
一人用の軽い座卓がほしい。
ダイニングにも、ローテーブルにもなる脚ってありますか。
丸いちゃぶ台に引出しを付けてほしい。

ヒダコレは、お客様のいろいろを形にします!!

  • キッチン横・ウォールナットテーブル

    キッチン横・ウォールナットテーブル

  • 引出し

    引出し

  • 座卓

    座卓

「こんなテーブルがほしい」などのご希望は、「お問合せフォーム」から。

お問い合わせフォーム

飛騨の木、日本の木、そして世界の銘木

山桜や水目桜、栗などの珍しい飛騨の山で育った木、楢や楡、胡桃、タモなどの北海道を代表する木、またブラックウォールナットやブラックチェリーなどの世界の銘木。

ヒダコレでは、厳選した広葉樹の中から材種を選び、木目などの木の表情、赤太や白太の色目の組み合わせなど自由にオーダーできる「世界に一つの無垢テーブル」をお作りします。

  • 山桜(ヤマザクラ)

    山桜(ヤマザクラ)

    赤褐色の色目で木目に緑色の縞が不規則ながら現れる特徴があります。硬くて重いのですが肌目はとても精密な印象があります。

  • ミズ楢(ミズナラ)

    ミズ楢(ミズナラ)

    大きな道管が環状に並んでいるため、年輪がはっきりとしています。放射組織が幅広く、特に柾目面では帯状の模様(とらふ)がはっきりと表れます。

  • 鬼胡桃(オニグルミ)

    鬼胡桃(オニグルミ)

    赤太と白太の境界がはっきりとしています。道管の直径が大きくで肌目は粗めです。木材の狂いが少なく、表面の仕上り感もとても良好です。

  • 黄肌(キハダ)

    黄肌(キハダ)

    緑色をおびた黄褐色の心材と辺材の色の差ははっきりとしています。環孔材ですので年輪ははっきりと見え、道管が大きく肌目は粗くなっています。

  • 栗(クリ)

    栗(クリ)

    クリの道管は大きく、そのため肌目も粗いのですが、保存性は極めて高く水湿に耐えます。とても重硬な木材と言え、建物の土台に用いられています。

  • 水目桜(ミズメザクラ)

    水目桜(ミズメザクラ)

    赤みの濃い紅褐色の心材と黄白色の辺材の色の差がハッキリとしています。硬くて重い木質で、木理は通直で肌目はとてもきれいな光沢のある仕上がります。

  • 樺(カバ)

    樺(カバ)

    年輪がはっきりしないが、材質はかなり均質といえます。重くて硬い木材で、独特のきれいな光沢が出て、仕上がり面がとてもきれいです。

  • 栃(トチ)

    栃(トチ)

    肌目はとても細かくきれいで、仕上げた面には絹のような光沢があります。独特の木理の乱れが表れることがあり、色々な美しい「杢」を持ったものがあります。

飛騨の木でテーブルをつくる!!

詳しくはこちら

今すぐ買える、使える無垢テーブルは、こちらからお選びいただけます!!

    ただいま準備中です。。。

その他のヒダコレの家具

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る