2015年7月 『安土忠久 吹き硝子』

ガラス工芸作家の安土忠久さんに語っていただきました。 手を離れたとたん無名になるガラス器も、その存在感と使う人の関係は永 [...]