飛騨の椅子くらべ 飛騨の家具メーカーと木工房がくらしの制作所に集結。

飛騨の家具・飛騨の椅子くらべ

日本有数の家具の産地である飛騨高山は、日本一の椅子製作の技術を誇っています。
工場生産する家具メーカーから個人制作の工房において、飛騨の職人が座り心地・デザイン性・耐久性に優れた椅子の開発に
日々取り組んでいます。私たちは飛騨の家具メーカーとデザイン契約を結び、「12脚の椅子」のデザイン開発を手掛けてきました。
「飛騨コレクション くらしの制作所」では、私たちが手がけた椅子だけでなく、家具メーカー・個人工房で作られている
多くのオススメの飛騨の椅子を展示しているので、座り比べられるようにしています。椅子はあなたが納得する座り心地である事が
一番大切です。飛騨の椅子をたくさん座り試ししたいお客様、ぜひ当店へ足をお運びください。

ダイニングチェア

飛騨の椅子と言えばウィンザーチェア系の椅子も多く、また曲げ木の技術は日本一と言われています。耐久性と座り心地の良さが特徴です。

スツール・ベンチ

ダイニングテーブルにベンチやスツールを合わせるお客様が多くなっています。リビングや玄関などいろいろなシーンでも使えることは魅力的です。

ソファなど

住宅デザイン・間取りの変化で、家族の暮らしの中心がリビングルームになっています。ダイニングで食事を済ませてソファでくつろぎたいですね。

受け継がれる飛騨の椅子

飛騨には(高い技術を持った)「匠」が数多く生まれ出た歴史があり、その技術は家具・椅子作りとして
現在に受け継がれています。「あしもの家具」と呼ばれる椅子の生産技術は日本随一と言われています。
私たち現代の職人もそのような伝統・文化に恥じぬよう日々勉強し、自信と誇りを持って家具作りに励んでいます。
そして、私たちは自己満足な商品ではなくお客様の要望を叶えるために技術を使う事、これが現代の飛騨の匠に
求められている技術だと思っております。あなただけでなくお子さんに座り継がれるような飛騨の椅子を取り揃え、
次世代に引き継げるほど長く愛せる椅子をお届けする事が、私たちの使命だ考えています。

曲木の技術

曲木の技術

飛騨の椅子作りの技術の代表に「曲木(まげき)」があります。熱・スチーム処理で柔らかくした木材を「型」で曲げて、その状態で乾燥させて形を固定します。

座り心地の良さ

座り心地の良さ

板の座面は座り心地がカタイ印象がありますが、「曲木」や無垢を削る技術で優しい座り心地の椅子を作り出しています。布張り座面のものと座り比べて下さい。

有機的な造形美

有機的な造形美

フレームの自然なカーブ、木目を魅せるデザインは、飛騨の家具職人が一つずつ丁寧に木を削り、自らの手で仕上げるからこそ生み出される美しさです。

クルミ材でつくる椅子

クルミ材でつくる椅子2

クルミ材でつくる椅子

クルミ材は軽い木材で使い勝手が良く、持ち運びしやすくなるのが特長です。また軽さと同時に柔らかさも持ち合わせており、座った時の尻当たり・肌触りがとても優しい椅子に仕上がります。クルミ特有の経年変化で出る美しいアメ色は、使い込んだ味を出してくれ、私たち日本人の心を和ませてくれます。

オーク材でつくる椅子

飛騨の家具はオーク材との相性がとても良く、家具作りが始まった頃から利用されています。ほどよい堅さと耐久性を兼ね揃えたオーク材は、木目のきめ細かさ・繊細さ、木の柔軟性・強さなど、無垢の家具、特に椅子作りには適した木材と言えます。オーク材の椅子で落ち着き感のあるお部屋を演出できます。

オーク材でつくる椅子

オーク材でつくる椅子2

ウォールナットの椅子

ウォールナットの椅子2

ウォールナットの椅子

日本にはない黒っぽい濃い色の木であるブラックウォールナットは、世界3大銘木の一つに挙げられ、日本でも住宅材や内装材、家具用材として非常に人気が高い材種になっています。飛騨の椅子の生産はブナ材から始まり、オーク材が中心ではありますが、今ではウォールナット材の椅子が多く見られます。

板座と張り座

板座には板座の、布張りには布張りの良さがあります。飛騨の椅子は無垢の木の風合い・良さを生かして作っているので、どちらのタイプの座面でも無垢テーブルに合うデザイン・仕様のモノがほとんどです。お部屋との調和と、お客様それぞれの座り心地を考慮して、いろんなタイプの椅子を比べてみて下さい。

板座

張り座

背板

笠木

背板・笠木いろいろ

あなたに合った椅子を見つける方法は、まず第一に「実際に座って確かめる!」ことです。背もたれの角度や座面の曲がり具合やその面積、そして性別や身長・体型・あなたの座り方のクセなど、座り心地を左右する要因はたくさんあります。ぜひご来店いただき「飛騨の椅子くらべ」をご体験ください。

小さな工房の椅子

椅子作りは、限られた少ない部材をいかに精度よく加工し、いかに接合部分の強度・安定性を出すかに掛かっています。椅子はお客様が直接座るため安全性も求められますので、職人の確かな技術を必要とします。小さな飛騨の家具工房では、少人数で丁寧に作られていることが椅子に反映されています。

小さな工房の椅子

小さな工房の椅子2

飛騨家具メーカーの椅子

飛騨家具メーカーの椅子2

飛騨家具メーカーの椅子

飛騨は、椅子の生産で日本一の技術を誇る家具の産地です。「飛騨の匠」の歴史と伝統に基づき継承されてきた技術は、今も飛騨家具メーカーに受け継がれています。「曲げ木」の技術、木工加工に欠かせない「治具」と呼ばれる道具の精度など、日々多くの椅子を生産しているからこそ技術だと言えます。

飛騨の椅子を一覧から選ぶ

お届け例/お客様の声

ミズメ桜の2枚ハギ天板。

ミズメ桜の一枚板を2枚ハギ合せて制作した天板です。実はこのように木目や色目、風合いが似た一枚板を2枚揃えるのは難しいのです。水目桜って、ほんと水がキラキラ光りながら流れているような・・・・

一枚板の「お試しセッティング」!!

実は家の施工の途中に「ウォールナット一枚板」を持ち込んで、「お試しセッティング」をやったのです!!
「一枚板のピッタリのサイズが分からない」というお客様のために・・・

お届け例の一覧へ >

メンテナンス例/お客様の声

トチ一枚板の小さな割れを。

K様はもともと高山の出身だったので、やはり飛騨の家具を使いたいと思っていらっしゃったようです。
新しくオープンしたばかりのお店にお越しいただき、トチの一枚板をご購入頂きました。

クルミの椅子のメンテナンス

ケヤキの一枚板テーブルのメンテナンスに伺いました。「杢」が全面に広がるきれいなケヤキですね!!
クルミ椅子を一緒にご購入いただいていましたが、この日は、一緒にお手入れしました。

メンテナンス例の一覧へ >

飛騨コレクション くらしの制作所

飛騨コレクション 店舗 内観

飛騨コレクション スタッフ

飛騨の椅子がたくさん並んでいます。ぜひ座り比べてに来てください。

椅子の座り心地は、男性や女性、背の高い人や低い人など、お客様それぞれ体形などで違ってきます。私たちのお店では、オリジナルの椅子に加えて、家具工房や飛騨家具メーカーなど多くの「飛騨の椅子」を取り揃えております。

私たちのお店

〒506-0055 岐阜県高山市上岡本町3-362

OPEN:10:00~17:00  休み:火曜日・水曜日
オリジナル家具から飛騨のクラフト・小物まで!!

お店へのアクセス

お問い合わせ電話番号 0120-690-315 受付時間 10:00~17:00

お客様のご要望

まずメールでお聞かせくだい

ご興味がある家具、ちょっと心配な点、お取り扱い
方法やメンテナンスなど、何でもお気軽にどうぞ!!

何でもお問合せフォーム

News&Topics

飛騨コレ公式ブログ新着情報・商品情報家具のお届け例工房・制作だより飛騨のこと・日々のこと

イベント・企画展 楽しい催しがいっぱい!コラム・掲載 ヒダコレ語録や広告記事

無垢の家具 ものしり手帖

飛騨コレ通信 FaceBook

飛騨コレチャンネル youtbe