一人分のスペース

食事をする際に快適な1人分のスペースは、一般的にはおおよそ幅60cm ×奥行40cm と言われています。
これを目安に家族の人数を掛ければ大体のテーブルの大きさを算出できます。
ただ一枚板に関しては大きめの方が満足感が高い傾向がありますので、お部屋に入る範囲で大きめのものをおススメしております。

また奥行きサイズは、食事の際にお皿も置けて、正面に座る人との距離が適正に感じられるのは 85cm~90cmと言われています。
ただそのような大きな一枚板は少なく、また高額なので80㎝くらいからを目安にお考えいただければと思います。
【ちなみに私たちの「一枚板から作る無垢テーブル」であれば90cmの天板の制作は可能です】

一枚板 サイズについて

周りの空間

ダイニングテーブルの大きさに加え、椅子を引いたり、人が通るためのスペースを確保する必要があります。
椅子を引いて腰掛けるのに70cmは必要になり、さらに椅子に座っている人の後ろを通るには、 天板の端から100cm~110cmは必要になります。
室内の寸法を確認して家具の配置を決め、快適に暮らせる動線をつくりましょう。

家具周りの空間

テーブルの高さ

快適にテーブルを使うための高さは、椅子の座面の高さと天板の高さに関係してきます。
一般的な椅子の座面の高さが約40~43㎝なので、そこから27cm~30cmプラスした70㎝くらいが一般的なテーブルの高さになります。
椅子によってテーブルの高さが決まってきますので、私たちはお客様の椅子に合わせた適切な高さで、テーブルをお作りしております。

また座卓などのローテーブルの一般的な高さは35cmくらい、ソファの前に置くリビングテーブルの高さは40㎝くらいがもっとも多いサイズになります。

テーブル高さとイスの関係

テーブルとイスの配置例

1~2人用なら、テーブルの幅(W)は800mmくらいあると大丈夫ということになりますが、やはりお食事などゆったりしていただくにはW1200mmくらいあると使い勝手もいいと思います。
同じように考えると、3~4人用の場合はテーブル幅(W)は1500~1800mm以上、5~6人用ではW1800~2000mm以上がおススメのテーブルサイズになります。特に一枚板や無垢テーブルの場合は「大は小を兼ねる」ということが言えて、お部屋に入る範囲で大きめのサイズの方が満足感が大きいようです。

円形テーブルは、長方形に比べて占有面積が広いので、スペースが十分に確保できる場合はおススメの形になります。家族が丸く向き合えるのは、「家族が集う」という意味ではとても素敵な空間になると思います。

テーブルとイスのレイアウト