プロジェクトの説明

〈長お使いいただくために〉

ケヤキの一枚板テーブルのメンテナンスに東京都のK様宅へ伺いました。
所々欠けていましたのでその部分の補修と天板の表面を磨いて再度オイルを塗り直す作業です。

欠けている部分を埋め込み、研磨してから最塗装します。服が引っかかってしまったりケガをしてしまったりと危険なこともあるので、欠けの補修は必須です!

天板の表面自体は大きな傷はありませんでしたので、機械は使わず手でやすりをかけていきました。紙やすりで磨くときは思ったよりも力を込めて磨いていただいて大丈夫です。最後にオイルを塗ってピカピカに。K様にも実際に作業していただきました。

時間も30分ほどでできますし仕上がりは見違えるほどなのでメンテナンスすることが楽しくなると思います。年に一度ご自身で作業することで愛着もわきます。いつまでも新品同様とはいきませんが経年美化も無垢材の魅力のひとつですので、メンテナンスをしながら長くお付き合いいただけたら嬉しいです。

お届け例・メンテナンス例の一覧へ >