光沢ゆたかなミズメの上品さが際立つ。一枚板の細長座卓

ホーム>Portfolio>ダイニング・座卓のお届け>光沢ゆたかなミズメの上品さが際立つ。一枚板の細長座卓

プロジェクトの説明

福井県 Y様邸
商品区分 一枚板
家具区分 座卓
材種 ミズメザクラ
サイズ W2200 D460~680 T52
所在地 福井県
使用区分 ご自宅
購入タイミング 新築
設置場所 リビング
福井県のY様のお宅へ納品させていただきました。スレンダーな座卓は現代風のお部屋にぴったりです。

「桜」の名がつく美しさ。家具としてのミズメ

今回のテーブルに使われたミズメはミズメザクラ(水目桜)とも呼ばれていますが、サクラではありません。白樺の一種で、樹皮が桜に似ていることからそう呼ばれています。また、桜のように美しい木目だからとも。たしかにきめ細かい表面は非常に滑らかで、素晴らしい光沢があり、木の中でも明るい上品な印象なので、家具としても女性に大変人気のある材種です。

波打つような模様が美しいテーブル

杢(もく)と呼ばれる絹のような光沢をもった木理は貴重なもの。この一枚板はその杢がふんだんに現れた、典型的に美しいミズメで、殊に湾曲した形状に合わせ縮みの入ったドレープ感は素晴らしいものです。 2メートル以上もの長さできらめく杢と木皮部(耳)のゆるやかな凹凸で、まるで波が打ち寄せているような心地よいフォルムの天板です。

しなやかにカーブした細長い一枚板

こちらの一枚板は、細長く湾曲した、特徴的な形です。奥行も細めなので、カウンターのようなイメージでお使いいただけそうです。実際、Y様ご夫妻も、差し向かいではなく、カーブの外側に並んで座り、お互いに少し向き合いながらお部屋を見渡すようにお使いくださるようです。 座卓という和の暮らしに根づいた家具ではありながら、フローリングの洋風なお部屋に、丸いラグとのセットもおしゃれな現代風の空間を上手に作ってらっしゃいました。 今回は座卓用ですので低めの置き脚をお選びいただきました。置き脚だと天板が固定されないので裏表の表情の違いを楽しめます。ダイニングテーブルやテレビボードも木製なので統一感と共に温もりも感じられるお部屋でした。

家具の実際の設置イメージがわかるように

お気に入りの一枚板に出逢ってしまった。でも、お部屋に置けるサイズかどうかがわからない!というお客様も多くいらっしゃいます。 とてもよくわかります。Y様もそうでしたので、教えていただいたお部屋サイズをもとに、お店のスペースと家具を使って設置場所の空間を再現することで、安心いただきました。 板との出逢いは突然。その大切な出逢いが実を結ぶよう、さまざまな工夫をさせていただきます。

自然木の形を残しながら、やさしい手触りの家具に仕上げて

無垢の艶やかな美しさと触れたときのなめらかな感触は、その木目や形状に勝るとも劣らないほど重要な魅力。節や割れなど、木が生きてきた証しとなるものを違和感なく美しく残すために、時間をかけて修復し、じっくりと磨き上げていきます。 自然の造形美をそのまま残すように、丸太の皮部分である耳もいくつもの工程を経て、根気よく丁寧に仕上げます。触れた時に心地よい質感が得られるまで、妥協ない作業が続きます。その結果、森でのイキイキした姿がイメージできるようなダイナミックさと、お子様が触れても安心なやさしい手触りとなるのです。

メンテナンスで、家具への愛が増す。

無垢の家具は、一生をともに過ごしたくなる家具。それはメンテナンスをお客様がご自身でできるオイル仕上げだから。 キズや汚れさえも味になる「経年美化」につながるその作業は、実は1年に1度だけで大丈夫。サンドペーパーで磨き、オイルを塗布するだけの、女性の方でもすぐにできる簡単なものだからこそ、無垢の家具への愛着も育ってゆきます。 暮らしてゆくなかで増えるキズやシミは悪いものではありません。上記のようなメンテナンスでそれらを「味」に変え、長く愛用していただけたらと思います。新品の輝きとは別の美しさに気づく喜びはかけがえのないものとなることでしょう。 それでも手に余るようなキズや汚れは当店でメンテナンスも承りますので、お気軽にご相談ください。一生使える家具として、またお子さんやお孫さんに受け渡したい家具となるよう、私たちもお手伝いができたら嬉しいです。

<お客様の声>

店で仮想新居を作ってサイズ感を教えていただいたのが、とても助かりました。 お届け例・メンテナンス例の一覧へ >