プロジェクトの説明

千葉県 T様邸

商品区分 一枚板
家具区分 ダイニングテーブル
材種 トチ
サイズ W1800 D900
所在地 千葉県
使用区分 ご自宅
メンテナンスタイミング 購入後1年半
設置場所 リビングダイニング



T様ご夫妻はご購入くださったトチの一枚板を、ご自身でお持ち帰りになりました。
チェア2脚とベンチのダイニングセットでお買い上げくださり、ちょうど飛騨が春爛漫を迎えた頃で、花や新緑の美しい光景を「新しい家族たち」とともに関東へドライブされたわけですね。お二人の道中のワクワクを想像して、こちらも心が踊る思いで送り出したのを憶えています。

自分の手でトチ一枚板の輝きをよみがえらせたい

新しい家具に特段の思い入れをくださったT様ですので、メンテへにも意欲的で、ご購入から1年半を経た年末のタイミングで、メンテのご依頼をいただきました。家の大掃除と一緒で、新年を綺麗になった家とダイニングテーブルで迎えたいと思われたようです。

メンテ手法は、奥様に伝授

ご主人はお仕事に出られていたので、当日は奥様お一人が満を持してお迎えくださいました。
女性でも大丈夫と知って判断されたようです。
そうなんです。難しいことはありません。もちろん女性お一人でも心配いりません。

メンテナンスは簡単

大きなキズや割れがなければ、メンテナンスは簡単です。
まず、木目に沿って、サンドペーパーで磨きます。気になる汚れやキズがあったら、それを基点に直線を往復させるように手を動かし、徐々に範囲を広げ、全体まで磨きます。まんべんなく磨けたら、削れた木の粉を乾いた布で取り除き、自然系の植物オイルを布に含ませうすく塗ります。その後は、油分を拭き取り、1日ほど置いて終了です。
使うものは、サンドペーパーと布とオイルだけ。
初めはさすがに不安げだったT様も、要領を得てくると「簡単簡単」とリズムよく楽しげに磨いてらっしゃいました。

オイル仕上げのテーブル天板だからできること

少しの傷やシミなら、手でやすりをかけるだけで修復は十分。 これは、テーブルがオイル仕上げだからできるメンテナンスです。ウレタンなどの塗装がなされていると、修復は専門業者の手を借りなければできません。
オイルを塗ると、木の粉で白っぽくぼやけて見えていた天面に、本来の木目がよみがえってきます。その感動は、自分の手で行ったからこその賜物ですね。
艶やかな天板にTさんもすっかり虜になったようで、もう次のメンテを心待ちにしている風でさえありました。そうですね、今度はご主人に教えながら一緒にできますものね。

手をかけることで、一枚板テーブルがかけがえのないものに

 キズや汚れは完全に取りきれないものもありますが、それがメンテすることで逆に味わいとなることに気づくと、歴史を刻んでゆく楽しみが生まれます。私たちはこれを「経年美化」と呼んでおります。木も生きていることを実感できますよ。なによりご自身で手を施すことにより、板へのいとおしさも増し、板が真にお客様のものになったような満足感をも味わえるはずです。 
T様のトチ一枚板は、これからますますお二人の宝物となってゆくことでしょう。

<お客様の声>

思ったよりもメンテナンス方法が簡単で、しかもすごくキレイになって嬉しかったです!
時間が経ったらまた2人でもメンテナンスしてみようと思います!!

お届け例・メンテナンス例の一覧へ >