〈メンテナンス〉年に一度のテーブル磨きを家族のイベントに。トチ一枚板

ホーム>Portfolio>テーブル・机のメンテナンス>〈メンテナンス〉年に一度のテーブル磨きを家族のイベントに。トチ一枚板

プロジェクトの説明

愛知県 W様邸
商品区分 一枚板
家具区分 ダイニングテーブル
材種 トチ
サイズ W2200 D900~1000 T55
所在地 愛知県
使用区分 ご自宅
メンテナンスタイミング 購入後1年4ヶ月
設置場所 ダイニング
トチの一枚板テーブルがご購入から一年余り経ち、メンテナンスをしたいとのご連絡が愛知県のW様から入りました。お買い上げいただいた時から、ご自身でのメンテに意欲的だったW様。満を持しての初体験です。

おだやかな末広がりがやさしい印象のトチ天板

長さ2mを超え、幅も広いところでは1mほどまである堂々とした一枚板は、トチ特有の絹のような光沢が存分に活かされています。杢とよばれる立体感のあるやわらかい模様がトチの醍醐味。その艶やかさがさざ波のように全面に現れて、フローリングや木製の家具で「木」の素朴さが豊かなやさしいお部屋に、さりげなく上品な華やぎを加えています。 辺材の白の中に、中心から両端の木口へ向けて開くように伸びる心材の茶褐色とのコントラストが楽しめるテーブルです。

長く付き合えるのが一枚板のいいところ

一枚板は大きく重いので、小さなお子様がいると心配と思われる方もおいでですが、その重みで安定している板はちょっとやそっとでは動かず、かえって安心という声も聞きます。また、メンテナンスが自分でできるとなれば、お子様がキズをつけることに関しても、楽な気持ちでいられるようです。 お買い上げいただいた時にメンテナンスのお話をさせていただくと、とても興味を持たれていたので、今回、「メンテナンスをしたい、教えてほしい」とのご連絡は嬉しかったですね。 ちなみに脚は置き脚なので、天板はそこに載せるだけ。取り付け工事で天板にキズをつけなくて済むので、表裏の両面を楽しむことができます。そしてこの置き脚、ひっくり返して置き方を変えると座卓の高さにもなりますから、ローテーブルにして、リビングエリアのソファの前に置くことも可能です。何通りにも楽しめるのも、一枚板のメリットです。メンテナンスの機会に、気分を変えて裏返して使うのも楽しいかもしれません。

メンテナンス作業は、たったの所要30分

お子さんが小さいながらも、さほど目立ったキズはなく、大切にお使いだったようです。 この程度だったらメンテナンスは簡単。まず、木目に沿って、サンドペーパーで磨きます。気になる汚れやキズがあったら、それを基点に直線を往復させるように手を動かし、徐々に範囲を広げ、全体まで磨きます。まんべんなく磨けたら、削れた木の粉を乾いた布で取り除き、自然系の植物オイルを布に含ませうすく塗ります。その後は、油分を拭き取り、1日ほど置いて終了です。

オイル仕上げのテーブル天板だからできること

少しの傷やシミなら、手でやすりをかけるだけで修復は十分。 これは、テーブルがオイル仕上げだからできるメンテナンスです。ウレタンなどの塗装がなされていると、修復は専門業者の手を借りなければできません。 使うものもサンドペーパーと布とオイルだけ。実際にやってみたW様もあまりに簡単で驚かれてましたね。初めはおっかなびっくりだった研磨も、慣れてくるほどリズムよく手を動かされて、楽しんでいらっしゃるのが伝わってきました。お子様も興味津々。もう少し大きくなったら、今度はお父さんが教えて、ご一緒にされることでしょう。

自分でメンテナンスしたテーブルは、愛着もひとしお

オイルを塗って、艶やかなトチ本来の輝きが戻ったテーブルは、新品のようだと感激されていました。 今回、お子様も一緒に家族全員で楽しまれていたのが、家族の記念日の一つに立ち会ったようで光栄でした。 キズや汚れは完全に取りきれないものもありますが、それがメンテすることで逆に味わいとなることに気づくと、歴史を刻んでゆく楽しみが生まれます。私たちはこれを「経年美化」と呼んでおります。木も生きていることを実感できますよ。なによりご自身で手を施すことにより、板へのいとおしさも増し、板が真にお客様のものになったような満足感をも味わえるはずです。 W様は、年に一度のメンテナンスをイベントとして楽しみにされるようです。そんなふうに楽しみながら家族の一員としてテーブルを末永く愛用していただけたらと思います。 勿論、割れや深い傷など機械を使っての本格的なメンテナンスも承ります。些細なことでもご心配がありましたら、遠慮なくご連絡ください。

<お客様の声>

簡単にメンテナンスが可能で安心いたしました。楽しかったです。毎年家族でのイベントにしたいと思います。 意外と簡単にできたので良かったです。 お届け例・メンテナンス例の一覧へ >