無垢材でできた家具は部屋に馴染む

オーダーメイド家具

新しい家、新居に引越しするのであればその記念に丈夫で長持ちする家具を購入するといいでしょう。
その際は強化プラスチックや複合材のものよりも一枚板のオーダー家具がおすすめです。
丸太から製材した無垢材でできた家具は頑丈で、末永く使っていくことができます。
長く使っていくとあちこちについた小さな傷にも愛着がわいてくることでしょう。
安価な強化プラスチックや複合材はあまり長く使っていくことはできず、ある程度の年月がたったならば廃棄しなければなりません。
子供や孫にも使ってもらえる一枚板のオーダー家具は、新居に新しく設置する家具としてとても良い家具といえるでしょう。
オーダーメイドであれば間取り・レイアウトに合わせたつくりにできるので、しっかりと業者と話し合うべきです。
ここで妥協してしまうとずっと心にわだかまりができてしまいます。
丸太から切り出した板を無駄なく使うために大きなものにしたくなりますが、家の間取りを考えた大きさにしましょう。
使いやすさを優先するようにすればそこまで大きな失敗はしません。
ただ、大きめにした場合は後で業者に小さくカットしてもらうことも可能なので、最初から小さくしてしまうのも良くないといえます。
そのあたりのことを相談できるのもオーダーメイドのメリットといえるでしょう。

家具をしっかりと使いこなす

IMG_1380

一枚でできた板というのはとても長持ちしますが、同時に割れやすくなっています。
複合材は全体を接着剤で固めているので弱いところがありませんが、無垢材は節などの箇所に弱いところがあるのです。
ウレタン塗料などで、ある程度頑丈さを増すことはできますが、それでは、無垢家具の良さを感じることが出来ません。
無垢家具を購入するのであればオイル仕上げが一番自然な仕上がりで肌触りがよく使い心地も抜群です。
そういった家具の特性をしっかりと理解し、職人さんにどのように使えばいいか教えてもらえるのは、家具工房が直販している飛騨コレクションのいいところです。
一枚の板でできたテーブルですが、家庭で使うならば災害などがない限りいつまでも使うことのできる「一生使える家具」となります。
ダイニングテーブルに使用できる木材は数が少なく、その分コストもかなり高くなってしまいます。
しかし、安物の場合は定期的に壊れてしまい、買い換える必要があることを考える長期的にはあまりコストに違いはないといえるでしょう。
引越しや新居祝いなどに購入する家具として、一枚板のオーダー家具はかなり贅沢な品といえます。
国産でも外国産でもしっかりメンテンナスを行えば長く使え、味と深みが増していきますので、好みの木目や色合いのものを選ぶといいでしょう。