新しい家具との出会い

引っ越し 新生活

進学で人暮らしするためにアパートを借りる、結婚して新居を借りる、子供が生まれて一軒家を買う・・・。
きっかけは色々あると思いますが、引っ越しに伴って、必ず新しい家具が必要になってくると思います。
でも、忙しさにかまけて、ついつい、おざなりに家具を選んで後悔する人も多いのではないでしょうか。家具は毎日使うものですし、部屋の雰囲気を大きく変えるものです。安いテーブルでごはんを食べているとなんだか味気ないですね。しばらく使っていたら、塗装が剥げてきたら部屋が汚く見えますね。安い椅子からといって買った椅子が座りにくかったら、家族団らんも台無しですね。
リビングでくつろがず、自室に引きこもってしまうかもしれません。家具の角が雑な仕上がりになっていれば、子供が怪我をするかもしれません。安い家具を買ってしまって失敗したと思うことは多いと思います。

そんな思いをしないように、ぜひ、家具職人が丁寧につくる家具をお求め下さい。一枚板のダイニングテーブル、座るとテーブルとしっくりくるようにつくられたおそろいの椅子、お部屋のサイズにぴったりとおさまるように何度も打ち合わせを重ねてつくった愛情いっぱいのテーブル。丁寧につくられた家具との出会いは、新しい家族との出会いにも似て、新鮮で、かつ、愛情にあふれています。

職人から選ぶ家具を目指して

アフターメンテナス

飛騨コレクションの家具は、職人から選ぶ家具です。お使いになる方のお部屋の間取り、日々の過ごし方、理想の暮らしなどを聞きしながら、お使いになる人の希望から合う家具を選び出し、製作されております。
漠然と家族で仲良く過ごせる空間が欲しいといったご希望でも結構ですので、希望を色々と伝えましょう。
家具職人が、丁寧に、心をこめて、希望を叶える家具をつくってくれると思います。特に、一枚板から製作するダイニングテーブルなどは、家族の団らんにかけがえのないものになったとお客様の声も多く届いています。
飛騨コレクションでは、材料に地元の飛騨の木材を使っています。家具職人がつくるからこそ、お客様の小さな思いやこだわりを反映することができています。また、アフターサービスも行っており、売りっぱなしではありません。後々まで、オイルの塗り直しなどのメンテナンスを行います。
一枚板ってメンテナンスが大変なんじゃないのとお思いかもしれませんが、手をかけることで、一層愛着が深まるものです。無垢の木自体は100年でも使い続けることができると言われています。末永くお付き合いできる家具を求めましょう。ぜひ、こだわりの家具をご新居の一員に加えていただき、暮らしを豊かにしていただきたいと思います。