無垢一枚板の家具の特徴

銘木 一枚板

日本の銘木には欅やナラ、杉などがあり、昔から高級家具の材料として使用されています。
家具に使用する銘木は1本ごとに木目や色に違いがあるため、世界に一つしか存在しない家具になります。通常の家具は複数の木材を使って作られますが、無垢一枚板の家具は1本の木だけを使用して作られるため、木目の美しさは格別です。
木目は材種によってそれぞれ個性があり、は代表的な高級木材で、木目の美しさに定評があります。欅は神社や寺院の建築にも使用されており、数百年以上経っても美しい状態を保ちます。欅を使った無垢一枚板の家具は家族の財産として、親から子、子から孫へと受け継がれます。値段は高価ですが、高額な金額に見合うだけの価値は有しています。
ナラは木目が美しく、耐久性があることが特徴です。ナラは世界中で高級家具の材料として使用されており、ミズナラと呼ばれる材種が最も価値が高いです。ミズナラは無垢一枚板の家具の材料によく使用されており、木目は少し荒いですが、美しい縞模様の木目をしています。この木目は虎の皮の縞模様とよく似ているため虎斑と呼ばれており、高級家具の材料として珍重されています。
は日本では木造住宅の材料としてよく使用されており、欅やミズナラと比べると価格が安いので、手頃な金額で購入することができます。

無垢一枚板のダイニングテーブルの良さ

WN5

無垢一枚板の家具はいろいろありますが、ダイニングテーブルの人気が非常に高いです。天板の価格は10万円から100万円程度で、100万円以上の価格のものもあります。
杉を使った一枚板の天板だと数万円程度で購入することが可能です。オーダーメイドの無垢一枚板のテーブルは天板と脚は別売りになっており、それぞれ好みのものを選んでテーブルとして完成させます。
椅子はテーブルのデザインと調和するものを選ぶようにすると、美しさが際立ちます。無垢一枚板のテーブルの良さは高級感があり、ダイニングルームの見栄えが一段と向上することです。来客者にも良い印象を与え、住宅のグレードアップにも繋がります。無垢一枚板のテーブルは全てが天然素材で作られていますので、美しい木目を眺めているだけで心が癒されます。
デザインはいたってシンプルですが、飽きのこないデザインですので、長年にわたって愛用することが可能です。丈夫で耐久性のある高級木材を使っていますので経年劣化をすることが少なく、月日が経っても美しい状態が継続します。
特に高額な無垢一枚板のテーブルは資産価値があり、将来的に買い替えなどで売却する時も高値で売却することができます。