ダイニングテーブルの決め方

新生活

家を建てると新しい生活に胸が高まりますね。最初に思うのは家具はどれにし、どんな空間にしようかでしょう。
今回おすすめしたいのはダイニングテーブルです。
家具の中でも大きな部類に入ります。その存在感は置く場所によっては雰囲気を決定してしまう影響力があります。価格や大きさなどを考えても失敗したくない買い物です。

ダイニングテーブルを選ぶ際、最初に置く場所と置ける大きさを確認します。椅子の可動範囲も確認して下さいね。
ダイニングテーブルの見所は天盤です。料理を置く所の事なのですが、狭すぎず広すぎない大きさを選んでください。四人用なら135cm×80cm位が標準です。円形の天盤なら四人用で直径130cmを目安に。その他気を付けたい点は調味料に皆の手が届く広さです。広ければ隣の人と肘が当たらなく余裕をもって食事できますが、不便に感じる事も出てきます。

高さも重要です。どのタイプも大体70cm前後ですが、食事やティータイムには高めの方が体が楽です。逆に低めがいい場合は小さいお子さまがいるときは、なにかと低い方が安心です。子供用のチェアーがあるならそれに合わせてみるのもいいでしょう。椅子はセットになってることも多く、深く考えたくないならセットになっているものをチョイスするのがおすすめです。

素材と材質を検討する

無垢家具 ダイニングテーブル

価格を左右する要素に大きさ以外に素材と材質があります。基本的に材質は木製をおすすめします。
おしゃれなものの中にはガラス製も多くあります。しかしガラス製はおしゃれでありますが思いの他、使用するのに気を使います。食器は基本的に陶器やガラスなので置いた時も音が気になります。汚れに対する手入れは楽ですが、耐久性も低いので木製の方がメリットは大きいでしょう。

木には沢山の種類がありますが断然おすすめするのが無垢材です。無垢材は高価でありながら手入れの大変なオイル仕上げが多く、他の追随を許さない存在感があります。
無垢材とは一枚板の事でつないだりしていない木材で、天然木と言われることもあります。手入れのしやすい仕上げがされているものもありますが、せっかく無垢という選択をされるのならオイル仕上げがおすすめです。

木は使えば使うほどシミやキズが刻まれます。そのキズやシミの一つ一つが家族の集まる場所にあり、それが家族の色になり、歴史を刻んでいくのです。天然木はちょっとしたことで表情を変化させます。安価なものは年数の経過によって汚れて古くなっていきますが、それは味にはなりません。無垢材は使うほど歴史が刻まれ味になり、古さが最大の魅力へと変わります。
価格や家族構成、趣味は人それぞれですが、新しい生活を一緒にスタートし一緒に成長する家具としておすすめします。