子供

無垢材は、丸太をそのまま加工した木材です。つまり、無垢材の一枚板があるとすれば、それは接着剤などで張り合わせたものではなく、1本の丸太を削り出して一枚板を生み出したということになります。つまり、無垢材には接着剤が使用されていないということであり、それにより、接着剤に含まれる化学物質がもたらすシックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などを心配する必要もないのです。

このメリットは、子育て中の家庭においては、特に有効に作用します。なぜならば、子供は免疫機能が未発達であるため、大人よりも化学物質などの影響を受けやすく、接着剤を利用した家具などを利用すると、上記のような症状が出やすいためです。しかし、無垢家具であれば、それらを心配する必要もないということになります。

ただし、基本的に無垢材の家具やフローリングなどは、合板を利用する場合よりも、高くなる傾向があることにも注意が必要です。そのうえ、汚れやすく、傷もつきやすいうえ、水に弱いことから、子供がフローリングや無垢家具にダメージを与えたとしても、水拭きができません。そのため、深刻なダメージについては、業者に補修を依頼し蹴ればならなくなり、さらに費用がかかることになります。

そのため、子供のいる家庭で無垢材を利用する場合、フローリングであれば、マットを引いておいたり、汚れやすい場所には、無垢材を利用したりしないなどの配慮も必要となります。しかし、いずれの場合も、ある程度汚れや傷がついてしまうことは、避けられない面があるため、その点を覚悟したうえで、無垢材を利用していく必要があります。

ただし、無垢家具であっても接着剤を使用している場合があるため、その点については、事前に良く調べておかなくてはなりません。また、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などは、化学物質以外の原因で起こることもあり、無垢家具を利用していても、これらの症状が出ることはあります。そのため、無垢材を使っているからといって、これらの病気はならないと考えるのではなく、その症状が出たら、早めに医師に相談することが推奨されます。

飛騨コレクションの無垢家具は、植物性オイル仕上げなので、化学物質がなく安心安全です。